敏感肌はレーザー脱毛でも大丈夫なの?

敏感肌の人がレーザー脱毛を行うと、どうなるのでしょうか。レーザー脱毛は医療機関でのみ受けられる脱毛法なので、安全性は高いです。しかし、火傷や色素沈着といった肌トラブルを起こす可能性があるのです。

 

レーザー脱毛

普通肌の人であっても、上記のような肌トラブルを起こす可能性があるのですから、敏感肌の人は余計に気を付けないといけません。そもそも、敏感肌の人には施術を行っていないというクリニックもあるかもしれません。

 

しかし、敏感肌の脱毛にも力を入れているクリニックでなら、 レーザー脱毛を受けることが可能です。本当に大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、美容皮膚科であれば医療機関なので、知識を持った医師やスタッフがいるので安心なのです。

 

ただし、あまりにもアトピーによる炎症が酷いといった場合だと、施術を受けられない可能性もあります。ですが、症状がある程度落ち着いてくれば脱毛ができることもあります。
また、クリニックによっては事前に肌質や毛質のチェックをしっかりと行うので、できる限り肌に負担の少ない方法でレーザー脱毛を受けられることもあるのです。脱毛用のレーザーを使い分けることで、敏感肌の人にも安心できる施術を提供しているのです。

 

もしレーザー脱毛を受けたら、アフターケアは入念に行った方がいいです。脱毛した部分の保湿をしっかりと行い、汗をかいた場合は小まめに拭くなど、清潔な状態を保つようにしましょう。
自己処理で肌を痛めてしまうくらいなら、敏感肌の人はクリニックでレーザー脱毛を受ける方が肌への負担が軽くすみますよ。

敏感肌が気をつけることとは

敏感肌の人は、日々の肌のお手入れに関して気をつけることが色々とあります。
まずは肌を強くこすらないことです。どんな肌質の人も、きれいな肌を手に入れたいなら強くこすらないに越したことはないのですが、敏感肌の人はなおさら、刺激に弱いので気を付けましょう。

 

敏感肌の脱毛

洗顔やクレンジングの際は、しっかりと洗い流して顔に残らないようにしましょう。また、洗顔料はしっかりと泡立てて、泡で包み込むように洗顔するようにしましょう。
敏感肌は、外的刺激に対して皮膚トラブルを起こしやすいので、普通肌の人よりも気をつけることが多いのです。もし化粧品のせいで痛みや発疹などが現れたらすぐに使用を注意しないといけません。

 

化粧品を買う際には、成分表示をしっかりと確認しましょう。化粧品の成分は、配合量が多い順に記載されているので、下の方に書かれている成分はあまり気にしなくて大丈夫です。問題は、成分表示の1〜2段目に書かれている物ですね。

 

例えば、プロピレングリコールという成分は避けてください。近頃はあまり使用されていないようですが、配合されている場合はPGと記載されます。軽度の刺激があるので、敏感肌には向いていません。

 

エタノールを避けるべきなのも有名ですね。皮膚が赤くなったり、かゆみを伴う可能性があります。
ビタミンCも、種類によっては刺激が強いのでおすすめできません。化粧品によっては刺激の強い成分を合せて配合されている可能性があるのです。
このように、敏感肌の人が化粧品選びで 気をつけることは色々あるのです。

関連ページ

デリケートゾーンのムダ毛のお手入れ
デリケートゾーンのムダ毛処理をどうやるのか分からない女性にちょっとしたコツをお伝えします。VIOの脱毛は本来なら脱毛サロンに行くとキレイに仕上がりますよ。痛くない方法もあるので参考にしてみてください